×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アトリエ案内 >> デッサン  油 絵

油 絵

【石膏/静物/人物/風景/構想画/模写】

 自由で個性的な表現が求められる現代ですが、そこに至るまでの過程で必要なことは、対象を見て、形や明暗や色などを、的確に再現できる力ではないでしょうか?
 油絵具は、その目的に最も適した絵具とも言えるでしょう。当アトリエでは、グリザイユから始めて、三原色に基づく色の再現という段階を経ることによって、油絵の基礎を体系的に学ぶことができます。

モノクロームの絵(グリザイユ/カマイユ)

 デッサンと油絵を繋ぐ役割として、当アトリエではグリザイユを勧めています。
グリザイユは、明暗法による空間表現を学ぶのにとても有効な手段です。


寒暖のニュアンスを加えた絵

 グリザイユなどのモノクロームの絵に、寒暖のニュアンスを加えることで、より一層の光の輝きやデリケートなモデリングの表現が可能になります。

 
 

三原色の基づく絵

 モノクロームで学んだ明暗法を、三原色(例えば、イエローオーカー・レッドオーカー・コバルトブルー)の混色により、色の再現を含めて試みます。鮮やかな色は出せませんが、絵具の混色原理を知り、明暗法に従った色の調和を学ぶのには適した方法です。

さまざまな表現へ(古典から現代まで)

【 遠近法  明暗法  色彩法  構図法  画材の種類と使用方法  技法史 】

 思いのままに色を使って、様々な表現を追求していく上でも、過去の優れた作品の成り立ちを知ることは、必要ではないでしょうか?それぞれが目指す方向の参考となるような巨匠の造形方法や技法を紹介しながら、創作の土台となるようなアドバイスを心がけています。

    ロムニー模写  
   
   



アトリエ案内 >> デッサン  油 絵


 

copyright©Atelier LA PORTE,All Right Reserved.